1stnight
お久しぶりの田島です。
ようやく課題提出が終わり、書き込みを更新しようと思います。
今日は前回の夏休み報告会に引き続きA+の1stNightだったのですが、かなりの人数が集まり、しかもその内訳の多くが他大生だったことに驚きました。この集まった人手、パワーをどういう方向に生かしていけるかが今後のA+の課題でしょうか。

前回の夏休み報告会ですが、四人の事前打ち合わせが十分でなかったため、話題が被ってしまったり…という不備はあったものの、それぞれのテイストで時に真面目に北京の現状や活動内容を伝えたり、時にラフに面白おかしく話したり…と、みんなに興味を持って貰えるような発表を出来たのではないかと思います。 重要なことは、発表の形式ではなく、北京の現状の本質をいかに偏りなく伝える事が出来るか、だと思ったので。

高架下PLAZA  
最近日本では日本橋の景観問題が取り沙汰されています。また韓国でも去年暗渠化されたチョンゲチョンを復元し都市の新たな軸として再構築する動きがあり、高架という存在自体が再考される時期にあるのかな、と思いました。
その存在の良し悪しは別として、日本橋は時代の風潮を体現した建造物だと私は思います。日本橋が作られた頃、都市の中を縦横無尽に走る高速道路(高架橋)は輝かしい未来都市の象徴だったのではないかと思います。実際、アトムの飛ぶ背景の都市にも曲がりくねった道路が建物の間をぬって走っているイメージが描かれているし、それはドラえもんが作られた21世紀の未来都市にも見られます。また、日本だけでなく海外でも多くの映画に似たような未来都市が描かれています(ex:マイノリティレポート等)。
でもそれが具現化されたとき、夢見たものと実物の格差に、技術の限界と夢想と現実の差が今の日本橋景観問題となって噴出したんじゃないかな、と思いました。
勿論高架自体が悪いといっているわけではありません、いくつもの高架道路が交差、合流する光景のダイナミックさは、圧倒されると共に感動的ですらあると思います。
要はそこに都市の活動が関わってきたときに、どうあるべきなのか?だと思うのです。そこをつっこんでいけたら、私なりの高架下PLAZAが見つけれるのかな、と。
なんだかまだまだ自分の中でもまとまっていなくて支離滅裂ですが。すみません…

ちなみに只今東大製図室でお泊り保育。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-10-28 02:32 | チヒロ


     日本はゆっくり時が流れる >>