タグ:日常 ( 26 ) タグの人気記事

ご報告
大変ご無沙汰しております。最近不幸続きの長谷川です。
先月の話ですが、東京JCによる以下の勉強会に出席してきました。


  ・日程: 2006年9月28日(木) 
  ・場所: 国際文化会館 会議室
       講師: 自民党 参議院議員 真鍋 賢二先生
     講演テーマ: 日中友好活動の歴史と現在の日中関係
17:00-      登録開始

17:30-18:00 学生交流報告

18:00-18:30 次年度学生募集に関して

18:30-18:45 休憩

18:45-19:45 講演 参議院議員 真鍋賢二先生

20:00-20:45 懇親会


以上のものは、自分が参加した「国際貢献ミッションinChina 2006」の最終報告会として行われたものでした。「学生交流報告」の中で、このワークショップの報告をしてきました。様々な職業の方々の前で発表したのですが、とても反応が良かったです。


「これって昔の日本じゃん。なつかし~い。」


「この本買いたいんだけど。え!?出版してないの??」


「hand madeって日本でもそうだよ。確かに日本では見えにくいのかなぁ。」


などなど、様々なご意見を頂きました。


そしてそして、昨日、東京大学で四人で報告をしました。
詳しくは・・・田島さん??あれっ違う??とりあえず今日はこの辺で失礼します。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-10-14 21:58 | ハセガワ
建外SOHOの北面道路開通
北京はすっかり秋です。地図を買っても来年は使えないというのは本当のようです。

d0078743_12141078.jpg


十月に入ってこの交差点を含む、SOHO北側に面する道路が開通しました。だらだらと工事が進行し、途中、常設でもおかしくないくらい巨大な(節水を訴える)看板が取り付けられたり、仮囲いをどけて車がぬるぬると入っていったり。そういえば、仮囲いの位置が後退したり前進したり、いちいち不思議がっていては気が持たないくらい色々あった気がします。僕個人としてはSOHOの街区に向かうショートカットとして使ったりしていました。ともかく、完成し信号が取り付けられ、安心して家まで帰ることが出来るようになったことが何よりもいいですね。信号のない三環道路を横断していた頃が、すでに懐かしい。そういえば、こちらに来た初日、どこから渡って良いのか分からず、フェンスを上った覚えがあるなぁ。ありえない、こんな毎日じゃついていけないと思いましたね。

ワークショップで話題として挙がっていた高架下プラザの交差点はSOHO街区の北東で、今回の写真の交差点は南東に位置する。話題としてまとめる時に、高架の位置が高くて物が無いと結構すっきりするんじゃないかという話をしていたけれど、確かにこの交差点は気持ちがよいです。高架下プラザの話題を完成させるまでに魅力的な都市には象徴的な交差点があるものだという仮説を立てました。交差点というのは人が出会うような場所としても見立てられる。一方で、北京には魅力的な交差点がない。そこで、その欠点を補うために北京的な交通事情でもある環状道路と東西貫通道路の主要交差点には必ず左折右折を行わない車のためにバイパスが貫通しているというルールを見いだし、その結果その下の地上交差点にゆるやかな環境がうまれやすくなっていると考えた。高架下プラザの下に載せている写真は、調査の経験的な部分を補うために挿入しています。車・自転車・バイク・歩行者らの動きを見ていると、ぶつからずに混じり合うように行き来している状況を見てきていたので、もう少し地上レベルにおける車の往来を制御出来れば、Daily Installation, Do Inside Yourself, ソトニケーションに見られるような個人レベルの空間展開力を発揮できる下地が完成し、市場が出来たりするのではないかと想像したのですね。このエントリーの一番下のコラージュ写真のような、活気ある中国的な交差点。すなわち「高架下プラザ」になるのではないかとでっちあげたわけです。最後のオチとしては、街区を接続したりすること(次から次へと街を移動できる感覚)を諦めざるえない道路幅が中国的でオーバースケールだなんて話がありますが、都市に対するパッチとして高架下プラザが機能すれば、人が往来するような場所が出来る効果、好循環を生み出せると考えたのですね。新しい概念をモデルとして提示するという脅迫観念みたいな建築家的思考から少しスライドした考え方だと思っています。全体のシステムを変更しなくても、既存のルールを交換するだけで、大きな話題が提供できるんだという夢を語りたかったのですね。成果物はそういうデザインになってますかね?!。即興なりにそこそこだとは思っています。

今後、ワークショップで伝えきれなかった、一歩手前のおしいネタ、その後の北京などをゆっくり加えていこうと思います。ところで、新しく開通した道路の名は?
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-10-04 12:17 | シモン
パンダの終わりとハードボイルド・パンダーランド
一ヵ月半短かったようで長かった。結局中国語は「ツァイタン」と「マイタン」しか覚えなかったけど。いやーなんだかこの生活が普通というか、そんな気になってしまうほど色々なことがあったワークショップ&ブログですがこれが涙涙のヨコヤマ編最終回。「読む気がしない」と大評判でしたが、暖かいご声援ありがとうございました。


《昨日と今日の報告》
まず9/9ですが、UAAのプロジェクトが多発的佳境を迎えていました。つまり来たときと同じということですね。
午後10時からプレゼン『UAAWorkshop2006.秋.「北京の先」』をしました。60枚を超えるスライドを見せつつの独演会となりました。こういう場面で考えていることをわかりやすく、しっかりと話せる人になりたいです。
9/10は王府井にお土産を買いにいったら、あっというまに所持金が残り10元になりました。あーあ。


《UAAWorkshop2006.秋. プレゼン「北京の先」》
14現象の中から最終的に「波状矩形」「リアルカタログ」「高架下プラザ」を扱い、天津と上海の事例を交えつつ考えていることを話した。
「波状矩形」では中国的都市計画を考えた。中国のほとんどの都市には独自の歴史、文化があり、それは旧市街地という形で都市に残存する。都市化が進むと、中心地が発展し、やがて飽和するが、その後の開発はごみごみした旧市街地よりも遠隔地で行われることが多い。結果として中心地(仕事)と遠隔地(住宅)の分断が起きる。更に都市が拡張していく過程においては、その2地域を広げて、旧市街地を飲み込んでいくのではなく、旧市街地を発展させるような開発が望ましい。
d0078743_18391067.jpg

「リアルカタログ」では中国的商業施設、商業街の設計方針を考えた。幾つかのグローバルなショッピング形態(外資、インターネットショッピング、自動販売機)は中国でどういったポジションにあるかの説明が出来たが、デパートが何故日本のようにシャッター商店街を作るどころか、逆に苦戦しているか説明できなかった。しかし、中国独自のショッピングとは「店主一人+圧縮陳列」という点、つまり《大量の商品の位置が把握できている。値引きや商品の説明などのコミュニケーションに責任を持って対処できる。法律や経営状態がグレーゾーンのまま営業が続けられる。》という点にあると考えることで説明がつく。ならば商業施設の設計方針は細ぎれで、迷うような空間をコンセプトにしてみたらどうだろうか。
d0078743_18393016.jpg

「高架下プラザ」は中国的高架下の利用計画を考えた。既に人々が高架下をたまり場として、また建築的にも利用されているのを見ると、今後の高架下交差点は「低層域のコミュニティ施設」の場として活かされていくべきと結論した。
d0078743_18395317.jpg


(もし内容が気になりましたら、ヨコヤマかUAAにデータがありますので、お問い合わせください)


《ワークショップのまとめ》
まとまりません。この1ヶ月半で学んだこと、考えたことは常に前進し、発展し続けるので。


《それでは》
みなさまご機嫌よう。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-09-10 18:40 | ヨコヤマ
パンダは電気パンダの夢を見るか?
d0078743_128390.jpg

上海没写真「寝台硬座の現状を見よ!」

《業務連絡》
とりあえずこのブログにログイン出来る人はしてみよう!サンタさんからのビックなプレゼントがあるよ!ログイン出来ないお友達はごめんなさい、あと3ヶ月待ってね!

《今日の報告》
一生懸命旅行記を作ってました。(あれ?)

《今日の思考》
生活パターンがちょっと変わった。買い物大嫌いだったのに、自分からアイス買ったりしてたし。あと服とか靴とか鞄とか。いくら安いとはいえ、以前ならこんなに進んで買うなんて考えられない。テレビのスイッチ点けたのって何ヶ月ぶりだったかな?しかもDVD見るためって。ご飯が待ち遠しいなーと思う最近は、うっかり一日何も食べなかったりとかしてた大学生のものとは思えない。
気づくと日本に帰った後のことを考えている。作戦とか戦略とか。そういうのは帰ってから考えることであって、今は今の課題を全力で取り組むしかないというのが普段のセオリーだったのに。うーん、やっぱり外国は調子が狂うな。あと結構この一ヵ月半で自分のそういう部分について考える機会が多かったのもたぶん原因。
そういうことは確実に思考、行動にも影響を与えているに決まっている。変化の内容はともかく、この中国滞在は良いほうに変化した時期だと信じたい。
変化は必要。だけど己は見失わないように。
明日はプレゼン。プレゼンの信条は「お楽しみの時間デス」。

《今日のまとめ》
なーんか調子狂ってるなぁー。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-09-09 01:30
パンダの中にも建築家みたいな奴はいるのだろうか。
流石に今日作業するのは無謀だった。あまり有意義な一日ではなかったような気さえする。唯一の救いは一休の豚しょうが焼き定食が美味しかったことくらいだ。あとUAAは今相当忙しいみたいなんで9/9とか本当に誰か一人でも発表を聞いてくれるんでしょうか。そろそろ自己主張しなくては。

《今日の報告》
10時ごろに北京駅につき、洗濯だけしてから建外SOHOへ。色々データにしてみようとやってみるも、すぐにやる気を失ってしまい、次のデータを作ろうとしてばかり。そんな感じでもう帰っちゃおうかという現在午後9時です。

《今日のまとめ》
別に旅行記を書くために残ったんじゃない。がんばらなくては。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-09-06 22:23 | ヨコヤマ
9月は夏です。パンダと勘違いしました。
上海行きの寝台列車の切符が3時にくるという話だったのですがまだこない。

《今日の報告》
遅くおきて、だらだらとSOHOへ。昨日の日記を見て不憫に思った有志の方々から(ジョンさんの)本を借りれたので、読んでいます。面白い。
d0078743_17284980.jpg


《今日の思考》-時間がないので埋めくさ的なもの。
この本は日本のあるジャーナリストが行動、言動、人となりを取材して、書いている。まだ半分くらいしか読んでないけど、とても面白い。(2度目)白井さんの話を聞いて以来ずっと気になっていたレム的思考がその行動を通じて非常に端的にまとめられている。ちなみに同じ人が書いた伊東豊雄ヴァージョンもあって、そっちは前に読んだことがある。だけれど文中でもレムは、自分のように論理で線を引くのではなく発想から引くまったく違ったタイプの人間、として彼を評価している的なことが書いてあった。2通りの人間だけれど、比較すると面白い。二人とも所員におおまかな指示をだすだけ。(ということになっている)そして、常に野心的で、コンペで戦い続ける。そういえばCCTVのコンペではレムと対照的に伊東は非超高層による設計を試みたと、松原さんのお話にあった。どういった経緯、どういった思考でそこにたどり着いたのか、OMAの方は白井さんにお話を伺えたので、機会があったら伊東事務所の人に聞いてみよう。
たぶん凄い影響を受けることになる、というか既に白井さん以前からも影響は受けていたか、漠然とながら同じ考えを持っていて、それが形となってまとめられた珠玉の一冊。

《今日のまとめ》
切符がこない。デモ・クールハーズ。(現在4:45)
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-09-03 17:44 | ヨコヤマ
またにゃー!
みなみな様、チヒロに引き続き明日ピンピコは日本に旅立ちます。

一ヶ月間、一日たりとも気が抜けない、でもその緊張感も心地よくて、ほんとに充実した毎日でした。北京の街からはもちろん、メンバーのみんな、UAAスタッフの方々、レクチャーしたくださった建築家の方々をはじめ、短い期間の中で多くの刺激を受けました。さずかったものはものすごく大きかったはずなのに、それと同じ分だけ自分が跳ね返せたかというと、正直答えはNOです。お腹いっぱいの状態でまだまだ消化しきれていません。言葉に変換するという作業が苦手な自分にとって、今回のワークショップはなかなか厳しい道のりでした。でもこれで終わりというわけではなく、日本に帰ってからも、消化しきれていない分、消化したけど納得がいっていない分を自分なりの表現で形にしてみたいと思います。全く違う形で。今度はギャフンと!

なんか全然バイバイな気がしないのは自分だけでしょうか?建築やってると、またどこかで絶対会うことがあるだろうし、北京にも近いうちにまた必ずくると思います。思う、じゃなくて来ます。なので、さようならじゃなくて再見!イイ言葉だぁ、再見♪

d0078743_19125522.jpg

[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-08-25 16:17 | ピンピン
8月17日の日記
ワークショップは最近まとめの作業に入ってるんで、なかなか外出する機会がありません。
今日も基本的に終日デスクワークで、いらっしゃるのか分かりませんがこのブログを定期的にご覧になってくださる方には大変つまらない日記が続いていることをご容赦いただきたい。

《今日の報告》
午前中からずっとコンテンツ作りをし、午後8時半ごろから第5回プレゼンテーション。
次回の最終プレゼンに向けて、本の体裁やレイアウトについての話題が主でした。
現在我々が取り上げようとしている20テーマもまた、変更がありそうです。

《今日のまとめ》
ビザが切れると不法滞在。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-08-18 03:29 | ヨコヤマ
今日の日記
というと誤解が生じると思うのです。8月16日の日記を更新するヨコヤマです。

《今日の報告》
午前中と午後少しで、各話題に小タイトルをつけ終わりました。
何故こんなに時間がかかったかというと、話題で言いたいことが各人に結構ぶれがあり、共通認識までたどり着いていなかったからでしょう。つまり、これからはバリバリ作業でき……る?
その後、「竹尾」という日本にもある紙のお店に行きまし……た?初めて紙の専門店に行ったヨコヤマですが、なんだかイメージと違いました。いくつか紙を選んでいました。
夕飯を食べて、実際の頁を作ってみてからは、菅根さんが来所してくださり、お話を伺うことができました。夜遅くまで、ありがとうございました。

《菅根さんのお話要約》
まず菅根さんの経歴と、これまでやってきた、立ち消えてしまった、内装や設計のプロジェクトの説明がありました。いかに中国的なクライアントや状況であるか、といったことについて重点的に話していただきました。
次に、このワークショップとも関連がありそうな、ある都市のためにガイドラインを作るお話を伺いました。ワークショップとの一番の違いは、北京のように都市、都市化が進みつつある現状をどう捉えるか?とその都市のように今後どういった方向付けをしていくか?という違いだろうと感じました。しかしこの北京はもともとどういった方向付けがされていたのか、今も何らかの方向付けがあるのか、ここら辺が気になるところです。
質疑応答では成果物についてディスカッションが中心となりましたので、省かせていただきます。

《今日のまとめ》
画像を載せましょう。
[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-08-17 05:19 | ヨコヤマ
タイトル付け
おはようございマス。
ワークショップも残りあと1週間となりました。

昨日15日は一日事務所での作業でした。結局本のタイトルは保留のまま。。。夕方までは取り上げる内容の写真の全体像を把握するため、整理したものをファイル化する作業をしました。そしてそれを全てプリントアウトして、夕方からは各項目ごとのタイトルを決めていきました。これがなかなか大変な作業。。。。6時間でやっとこさ10個ほど決定。

明日は最終プレゼンの日です。それまでに試作本をつくる予定です。わぁぁぁー!

d0078743_1031502.jpg

[PR]

by uaaworkshop2006 | 2006-08-16 10:34 | ピンピン